ニュースレター


・NIMICでは、以下を制作、発行しています。 
 -メルマガ「NIMIC通信」 
 -広報誌「多文化のわ」(年2回程度、ひらかなのルビ付き)
  >最新の「多文化のわ」はこちらから
 -生活情報紙「西東京市 くらしの情報」※西東京市との協業で、NIMICが制作し、市が発行。
  >最新の「西東京市くらしの情報」はこちらから

■最新のNIMIC通信 [No.171 2020年11月号-2]

もくじ
[1]★キャッチフレーズ投票受付中★
[2]参加者募集オンラインカフェ「おきなわ」
[3]多摩六都科学館 やさしい日本語プラネタリウム
[4]多文化共生センター14言語で相談対応
[5]報告 オンラインカフェ(1)
[6]エッセイ「半田だより(48)」

[1] ★キャッチフレーズ投票受付中★

NIMICのキャッチフレーズの投票を実施中です。締切は11月30日(月)です。
投票いただいた会員の中から抽選で、西東京市の飲食店で使えるクーポン券、500円相当を差し上げます。

投票がまだの方は、以下の5案から、NIMICにふさわしいキャッチフレーズを選び、投票ページ(https://www.nimic.jp/?page_id=2339)から、投票
をお願いします。
A:一緒に暮らす、一緒に学ぶ、一緒に笑う
B:ともに住み、ともに生きる
C:多文化で学ぶ、遊ぶ、暮す
D:つなごう手と手、つむごう絆
E:ひとそれぞれ でもやっぱり ひととひと

[2] 参加者募集 12/12オンラインカフェ:おきなわ四方山ばなし

NIMICでは、会員同士が気軽に語り合えるzoomオンラインカフェを開きます。ぜひご参加ください。今回は、沖縄出身会員のお話で始まります。

日時:12月12日(土)10:00−11:00
対象:NIMIC会員
内容:ゲストの島袋弘さん(土日プロジェクトスタッフ、英語通訳ほか)のお話、自由会話など
費用:無料
申込み:以下のフォームにご記入ください。前日までにzoom情報をお送りします。
https://forms.gle/h9LWGAJ3WFwJGJGa7
なお、セルフサービスのカフェですので、飲み物は各自、お手元にご用意ください。

[3] 多摩六都科学館 やさしい日本語でプラネタリウムを楽しもう

日時:12月6日(日)17:30-18:30
場所:多摩六都科学館サイエンスエッグ
対象:外国にルーツを持つ人(小学生以上。小学生と中学生は大人と一緒に)
※やさしい日本語での 説明です
定員:50人
参加費:観覧料(大人 520円、小学1年生から高校生 210円)
開館中(17:00まで)に来館した場合、参加費以外に入館料がかかります
詳しいことや申込みはこちらへ https://bit.ly/3l8kJju

[4] 多文化共生センター14言語で相談対応

多文化共生センターに、14言語の通訳とつながるテレビ電話が設置されました。14言語は、中国語、韓国語、フィリピン語、ベトナム語、英語、インドネシア語、ネパール語、タイ語、ポルトガル語、フランス語、ヒンディー語、ロシア語、クメール語、スペイン語です。周囲にこれらの言語で相談したい方がいらしたら情報提供をお願いします。

[5] 報告 オンラインカフェ(1)

11月7日(土)の午前、会員同士の交流を目指した1回目のオンラインカフェにゲストも入れて6人が参加しました。こじんまりした会だったので、
表面の事象の背後にあることや、波及する様々なことについても話ができ、今後の活動を考える上でのヒントもたくさん出てきました。「ゲストの
問題提起もあり、少人数の中で、深い話ができて、とてもよかった」「いろいろ個人の考えなども聞くことができてよかった」などの感想が寄せら
れました。

[6] エッセイ「半田だより(48)」

8月21日から始まった変則的な2学期も、3か月が過ぎようとしています。この3か月のお話をしたいと思います。
まず、日本よりコロナ感染者が多いブラジルへ、日本語教室で関わった子供3人が帰国しました。両親の仕事がなくなった、親族が病気だとの事情でした。3ファミリーが元気でいてくれることを祈るばかりです。海外から日本への入国制限が国によってまだ続いています。いつもなら、学期の始めは転入生があり、日本語がどのくらい話せるか、理解できるか、カリキュラムはどうしようか等日本語教室の先生と話していました。しかし、今学期はそれもありません。そのかわり、今いる子たちをじっくり指導できます。
毎年6年生の修学旅行が秋にあります。1泊2日で奈良と京都へバスで行きます。今年度は遅らせて3月上旬に行くそうです。卒業式の準備や練習の真っ最中です。また、シランダに中学3年生が4人来ています。彼らも修学旅行に行けるか気になりました。半田は公立中学が5校あります。5月20日〜6月18日に各校3日間を予定していましたが、2021年3月の公立高校入試終了から合格発表の間に実施するとのことです。
ボランティアで行っている小学校の運動会が、10月27日に行われました。担当している6年生はソーラン節と障害物競走に出場しました。保護者の観覧はなしでした。子どもたちにとって、縮小や日程変更があっても、楽しみにしていた行事が残りよかったと思います。
  (NIMIC会員 白根祐子)


今回のNIMIC通信は、いかがでしたでしょうか。
・みなさまのご意見、ご感想をお待ちしております >こちらから
・NIMIC通信のバックナンバー >こちらから
過去のNIMIC通信で紹介された、多文化共生に関する本の紹介、随筆 >こちらから
・会員になって、NIMIC通信を購読する >こちらから


>このページのトップへ