NIMICのキャッチフレーズが決(き)まりました!

NIMICのキャッチフレーズは「ともにみ、ともにきる

NIMICは、今回こんかいホームページをあたらしくしました。そして、コロナの流行りゅうこうなかでのあたらしい多文化共生社会たぶんかきょうせいしゃかいをみなさんと一緒いっしょにつくっていきます。まず、会員かいいんから、NIMICのキャッチフレーズを募集ぼしゅうしました。あつまった作品さくひんなかから、理事会りじかい5いつつをえらび、会員かいいん投票とうひょうしました。その結果けっか、NIMICのキャッチフレーズになる最優秀賞さいゆうしゅうしょうと、そのつぎにみんながよいとおもった優秀賞ゆうしゅうしょうりました。

キャッチフレーズ よみがな 受賞者じゅしょうしゃ
さい優秀賞ゆうしゅうしょう ともに住み、ともに生きる Tomo ni sumi、tomo ni ikiru 名前なまえしたくない
優秀賞ゆうしゅうしょう 一緒に暮らす、一緒に学ぶ、一緒に笑う Issho ni kurasu、issho ni manabu、issho ni warau 多欄都タラント ジョン さん
優秀賞ゆうしゅうしょう 多文化で学ぶ、遊ぶ、暮す Tabunka de manabu、asobu、kurasu 白根しらね 祐子さちこ さん
優秀賞ゆうしゅうしょう つなごう手と手、つむごう絆 Tsunagou te to te、tsumugou kizuna 柳沢やなぎさわ 敦子あつこ さん
優秀賞ゆうしゅうしょう ひとそれぞれ でもやっぱり ひととひと Hito sorezore demo yappari hito to hito 安藤あんどう 健一けんいち さん

またえらばれたキャッチフレーズの英語えいごばん中国語ちゅうごくごばん韓国語かんこくごばんは、あとで発表はっぴょうします。

えらばれたキャッチフレーズと、その外国語がいこくごばんは、これからホームページやポスターなどで、NIMICの名前なまえ一緒いっしょ使つかいます。

キャッチフレーズへの応募おうぼ投票とうひょうをありがとうございました。

賞品しょうひん について

応募おうぼしたひと全員と、投票とうひょうしたひとでくじにたったひとに、西東京市にしとうきょうしのレストランで使つかえるクーポンをおくります。
さい優秀賞ゆうしゅうしょう1人ひとり):西東京市にしとうきょうしにあるレストランで使つかえるチケット:5000えん
優秀賞ゆうしゅうしょう(4にん):西東京市にしとうきょうしにあるレストランで使つかえるチケット:3000えん
参加賞さんかしょう応募おうぼしたひと全員ぜんいん):西東京市にしとうきょうしにあるレストランで使つかえるチケット:500えん
投票とうひょうげたでしょう投票とうひょうしたひとなかからえらびます):西東京市にしとうきょうしにあるレストランで使つかえるチケット:500えん 
さい優秀賞ゆうしゅうしょう優秀賞ゆうしゅうしょう賞品しょうひんには、参加賞さんかしょうはいっています。 
※レストランで使つかえるチケットは、みせわることがあります。
※NIMICにとどけた住所じゅうしょおくります。

■このキャッチフレーズについて質問しつもんしたいとき

NPO法人ほうじん 西東京市多文化共生にしとうきょうしたぶんかきょうせいセンター 
E-mail :catchphrase@nimic.jp  ※@を半角はんかくにしてお使つかいください。

このページのトップへ